宝塚歌劇 舞台/バレエ/アート 雑記

東京建物 ブリリアホールの実力はどうなの?

どうも、
そむくくです。

【2021/04/12】別の公演を見てきたので最後に追記しました。

 

総工費80億円超をかけて竣工したブリリアホール。
SNSではあまり良い話を聞かず、このホールで行われる公演チケットを持っていた私は気が気ではありませんでした。
そんななか、12月13日このホールで行われた宝塚公演を見てきたので実際はどうだったか書き残しておきます。

この記事の内容は全て私の主観です。
当日の座席位置、公演内容によるところもあることを予めご承知おきください。

以下の項目について書いています。

  • 眺め
  • 舞台(ステージ)
  • 照明
  • 音響
  • 座席&足元
  • 一体感
  • 動線
  • その他

 

眺め

当日の私の座席位置はここ(赤印)、3階席の後ろから2列め(E列6番)
末席 オブ 末席です ^^;

この席からの舞台の見え方(背筋を伸ばした状態。ちなみに私は男性、身長170cmです)

私は男性ですが、宝塚をよく観ます。
劇場の1階席で見る場合は後ろの方の視界をできるだけ邪魔しないようにするために。目線の高さを女性に合わせるようにしています。
隣の方はほとんどが女性になるので、その方の頭の位置似合わせるように腰を前にずらします。

腰を前にずらして浅く座ってみました(あくまでも参考程度に)

 

いきなり手すりが… (E席には手すりがありました)
小柄な女性だったらもっとヤバいことになってたかも…

元々この席は販売されていなかったのですが、東京公演初日の3週間前に急遽開放された席です。
これを見ればその理由がよーく解ります。

この劇場はオーケストラピットが設置できるようですが、画像はオケピなしです。

客席降りは私の場合、舞台直前の列だけは何とか見えましたが他はダメ。

座席のズレ(座席中心と舞台中心を結んだ線と、座席正面が向く線が作る角度)があります。
しかし体をひねるほどではありませんでした。

上部が見切れることもありませんでした。
余程高さのあるセットでない限り問題ありません。

舞台(ステージ)

盆はありましたが奥行きはそれほどありません。
セリはありませんでした。
床はむき出しの板張りなのでしょうか?
3階の端っこでも舞台セットの移動・設置の音がかなり大きく響きます。
これは演目によっては興醒めするかも。

コンパクトな劇場なので舞台までの距離は近いですが、オペラグラスは有ったほうが心強い。
(3階席なのにシアターオーブ2階最前列よりも全然近い、TBS ACTシアター2階席同等と感じる)

照明

暗く感じたかな。
そういう演目かもしれません。
凝った照明がなかったので今の時点では何とも言えません。(レポートになってない ^^;)

音響

緑がスピーカーです。(破線も多分スピーカー)

天井の中央のスピーカーの後ろにミラーボールが位置します。

 

3階席の場合、センター付近はこのスピーカーがミラーボールの光を遮ってしまいます。(2階席は分かりません)

音響は同規模の日本青年館と比べると、このホールの方が全然良いです。
青年館だとボーカルがオーケストラの音にかき消されるような響き方をしますが、このホールは綺麗にボーカルが聞こえます。
音が籠もることもありません。

ただ、ひとつ気になったのは立体感の影響なのか、上手と下手で聞こえ方がかなり違うのではないかと感じたこと。

下手に居た私は下手だけで鳴ってる音が聞こえてきて、壁の裏で何かやってるのかと勘違いした事が何度もありました。(上手側だけの音がかすかに聞こえてくることもあり)

あと、思った以上に良く響くので、咳をする時は気を付けてくださいね。

座席&足元

座席はこんな感じ。

 

背もたれが垂直に近くて腰に負担がかかります。
(宝塚劇場の2階席とそう変わらない感じ)

足元はとても狭いです。宝塚劇場よりも狭い。
普通に座って前席の背もたれにつま先が当たりそうです。
スムーズな移動は出来ないと考えていいです。
開演後に座席に付く場合は通路際でない限り、かなりヒンシュクを買う事を覚悟しましょう。

大きめのバッグを持参した場合はつま先側にに置くのは厳しいかも。
座面の下は意外と奥行きがあるのでそこに置くしか無いかな。

前席に座る方の頭の位置が自分の膝より低い位置になります。
足を組もうとすると頭にキックを入れてしまわないか心配になりますが、
安心してください。

狭すぎて足は組めません。

幅も狭いですが、これは他の劇場とそう変わらない印象。

最後列の天井の高さ。

余裕ですね、窮屈さはありません。(2階は分かりません)

一体感

3階席では劇場の一体感があまり感じられません。
別の空間という感じ。(観客による違いとは思えないのですが…)
宝塚公演の場合はあの一体感が素晴らしいのですが、私は物足り無いと感じました。

動線

1階、2階席は判りませんが、3階席の場合、はっきり言って悪いを超えて酷い。
エスカレータ、エレベータ、階段、どれも大量に捌くように出来ていません。
公演終了後はホールから出るまでにかなり時間がかかります。
エスカレータは規制を入れながら運行、階段は立ち止まること無数。
上演後の余韻もどこへやら、どっと疲れてしまいました。
因みに3階席はビルの7階になります。

その他

開演前に緞帳を観ながらオペラの調整をしようとしたところ、真っ暗で最初はオペラが壊れたのかと思ったのですが、よく見ると緞帳の黒いところを観てただけという…(呆
緞帳は黒の面積が大きいので気を付けましょう(笑

まとめ

一番のマイナスポイントは、舞台セットの移動・設置音がかなり響くこと。
(1階の前列の方は不快かも)

あとは、
座席によっては音響の立体感に違和感があること。(ボーカルは問題なし)
足元の狭さ、座席の背もたれの角度。
3階席は一体感に乏しい。

それと動線。
あればダメ。余韻をぶっ壊してしまいます。

気になったのはこれくらいですね。
女性は手すりが鬼門になるはず。
座席位置によっては悲しい(怒り?)思いをすることになります。

私としては音響の良さに一番感心しました。

【結論】
これが80億円といわれても、さっぱり分かりません(笑

それでは。

2021/04/12 追記

1年4ヶ月ぶりにこの劇場で観劇してきましたので追記します。(今回も宝塚歌劇)
追記した内容はあくまでも私個人の私感によるものであることを、お断りしておきます。

今回も3階席、私の座席位置はここ(赤印)、センター2列め(B列29番)

 

見え方はこんな感じ

 

下の写真、右側の高い位置に手すりが見えます。

 

この手すりの正面には階段があるので、もしものための転落防止だと思うのですが、こんなに高い位置だとサイドブロックの方は絶対に見えないのでは?と思いましたが、この手すりは開演前に折りたたまれて左側の手すりと同じ高さになります。

 

今日の観劇で思った事、

音響の悪さに辟易した。

演者の声が前方(舞台上?)でこもっていて、こちらまでクリアに聞こえません。

まともなセリフとして聞こえません。(私感)

開演5分で諦めモードに突入、もうどーでもいいやって感じです。
それくらい酷かった。
泣きたくなりましたよ。

でも3階席とは言え、6000円、決して安くはない。
いや、高いですよ。3階席でこの値段は。

このまま帰るのは悔しいので我慢して最後まで観ましたが全く楽しめませんでした。
6000円出して何で苦痛に耐えなきゃならんのか。
これが2000円だったら間違いなく退席してましたよ。

天井から吊るされている3つのスピーカー見えますか?

 

このスピーカーが全く仕事していません。
音が出てない!!!
飾りか!

左右の壁?にあるスピーカーですが、2階のようなところにあるのが録音オケ用で、1階にあるのが音声用だと思います。
1階席の方は音声は問題なく聞き取れたと思います。
オケは3階でも煩いくらい良く聞こえましたが、音声が全くダメ。

最初に記事を書いた公演は音響が良くて感心したのですがねえ。
同じ劇場とは思えないほど違っていました。

この劇場の音響は、座席位置や調整スタッフによって全く違ってくる可能性が高い。
※今回の演目はミュージカルでは無かったので、音響の調整が違ったのかもしれませんね。

見え方も色々言われているようですが、音響に関しては完全にガチャです。

蓋を開けてみないと分かりません。

はっきり言えるのは、3階席はやめておいた方が無難ということです。

今回の事でよく分かりました。

値段の安さに釣られると痛い目にあいます。(但し、値段の高い1階、2階は未体験なので分かりません)

それでは。

 

スポンサーリンク

-宝塚歌劇, 舞台/バレエ/アート, 雑記
-