チケット 宝塚歌劇

宝塚友の会 ステイタスランク ダイヤモンドへの道(その1)

 

どうも、
そむくくです。

友の会、当たらないですねぇ。

笑っちゃうくらい当たってしまって困ってます、なんて人、聞いたことがありません。

ステイタスランクが上がると当選確率がアップする… らしい。

ホンマか?

怪しくね?

それじゃ、自分で試してみる!

ということで今回から私の友の会ステイタスのランク推移を記事にすることにしました。

 

入会時の状況と応募の条件

友の会には2016年8月22日入会しました。
入会した時の状況は以下の通りになります。

会員区分:一般会員*
宝塚歌劇公式Facebook登録:なし*
定期購読:なし(今もありません)
(このときは旧ステイタス制。*は新ステイタス制度ではポイント加算には無関係)

現在の私のステイタスはプラチナです。

私の場合、応募できる公演日は仕事の都合で日曜と月曜だけです。

入会して暫くは応募は本公演のみに絞っていました。

先着順、外箱、全国ツアー、トークイベントなどには手を出さず、様子見していたように思います。

また、当時の私には遠征という発想は1ミリも無かったので、東京組の私が実質的に応募可能な曜日は日曜だけになります。

 

当選状況とランクの推移

上記の条件のもとで入会してから今日までの当選状況とランクの推移をまとめました。

年月日は当選結果発表日です。
表は年月日で昇順にソートしています。

年月日 区分 公演名 ランク
16/08/22 友の会入会 レギュラー
16/12/23 抽選 月組 東京宝塚劇場『グランドホテル』
17/08/30 抽選 月組(全国ツアー)八王子公演『鳳凰伝』
17/10/20 抽選 梅田芸術劇場『タカラヅカスペシャル2017』
17/11/10 抽選 星組 中日劇場『うたかたの恋』
18/02/23 抽選 星組 宝塚大劇場『ANOTHER WORLD』
18/06/10 先着 雪組 東京宝塚劇場『凱旋門』
18/07/06 抽選 月組 東京宝塚劇場『エリザベート』
18/07/22 先着 花組 東京宝塚劇場『MESSIAH』
18/09/02 先着 月組 東京宝塚劇場『エリザベート』 シルバー
18/10/26 抽選 雪組 東京宝塚劇場『ファントム』
18/12/16 先着 花組 宝塚大劇場『CASANOVA』 ゴールド
18/12/23 先着 星組 東京宝塚劇場『霧深きエルベのほとり』
19/02/08 抽選 花組 東京宝塚劇場『CASANOVA』
19/02/13 抽選 星組(全国ツアー)梅田芸術劇場『アルジェの男』
19/03/03 先着 宙組 宝塚大劇場『オーシャンズ11』 プラチナ

 

表の解説

最初の1年で当選したのは僅か2回。

現物支給の賞与ですか?

年会費払ってこれはチョットどうなのよと愚痴のひとつも言いたくなりますよね。

表を見るとグランドホテルから鳳凰伝まで8ヶ月かかってます。

幾ら何でもこれは醜い。

よく退会しなかったな>自分

 

私は一般会員なので3ヶ月ごとに封書でチケット先行販売のお知らせが届きます。

この宛名書きにランクが記載されているのですが、これがず〜〜っとレギュラーのままなんですよ。

ステイタスって本当にアップするん?って思いますよね。

そこで、様子見から攻めの姿勢に転換です。(そんな大層なことじゃないけど)

ログインすら出来なかった経験から意識的に避けていた先着順、当たったら儲けもんと遠征にも応募するようにしました。(遠征なら月曜日の応募も可能)

ステイタス制も新制度に移行。

これが功を奏したのか、そこから1年間で随分当たっています。(攻めの姿勢よりもステイタス制の変更の影響が大きいか)

タカスペが当たった時は、遠征費をどうしようかと心配したのも今となっては良い思い出です。

 

入会してから2年後、漸くランクがシルバーになりました。

2年ですよ、2年。

2年あればパンダの赤ちゃんも60Kgに成長するっちゅーに。

 

 

ポイント制が変わってランクアップし易くなったのでしょうか、シルバーになってからは3ヶ月ごとにランクアップし、現在はプラチナです。

お知らせが届く度にランクアップしてて、ちょっと拍子抜けしてます。

あの2年間は一体何だったのでしょうねぇ。

今ではシルバーになったあの日が懐かしいです。

 

ダイヤモンドまではまだ道半ば。

ダイヤモンドになるには、今まで取ったポイント数と同じポイント数が必要です。

そういう意味では、また振り出しに戻ったとも言えます。

 

ダイヤモンドになるその日まで、お付き合いいただけると幸いです。

ダイヤモンドになったら?

そうなったらなったで、また考えます(笑

 

それでは、また。

 

 

スポンサーリンク

-チケット, 宝塚歌劇